コピー > 北丘幼稚園での毎日 > サンマの減少

サンマの減少

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 はじめに9月5日に静岡県の認定こども園で起きた痛ましい事故に際し、心より亡くななられた3歳の女の子のご冥福をお祈りいたします。

 さて、「サンマが減少している」というのを聞いたことがあるでしょうか。サンマの減少とは言っても魚のサンマではありません。ここで言うサンマの減少は、スポーツや外遊びに不可欠な要素である時間・空間・仲間の3つの間が減少していることです。まずは、時間の減少。テレビを見たり、テレビゲームをしたりするなど、室内で過ごすことが増加し、外遊びの時間が少なくなっています。新型コロナウィルスの蔓延がこれに拍車をかけていることは、間違いありません。次に空間の減少。都市化や自動車の普及は、子どもたちの手軽なスポーツや外遊びの場であった空き地や生活道路を奪ってしまいました。都市公園や学校開放、公共のスポーツ施設は増加しているものの、子どもたちが自由に遊べないなどの問題があります。最後に仲間の減少。少子化が進み、兄弟姉妹の数が減って、スポーツや外遊びの仲間となる身近にいる子どもも減りました。また、学校外の学習活動などで子どもが忙しく、平日の放課後に遊びたくても、自由な時間が取れなかったり、友達と時間が合わないことで仲間がつくりにくかったりしています。仲間が少ないので群れることがなくなり、自分たちで外遊びを考え出すことが難しくなり、テレビゲームなどの室内遊びをすることが結果的に多くなっています。

 しかし、 幼児期は体力を培う上で、非常に大切な時期であり、この時期に運動や遊びの中で十分に体を動かすことが必要です。生涯にわたって健康を維持し、積極的に学習活動や社会的な活動に取り組み、豊かな人生を送るための重要な要素となります。幼児期の体力は、一人一人の幼児の興味や生活経験に応じた遊びの中で、幼児自らが十分に体を動かす心地よさや楽しさを実感することでつくられます。心と体の健康は相互に密接な関連をもち、体を動かすことで意欲も出てきます。ですから、幼児期には運動を重視した指導を行うことが重要です。

 北丘幼稚園は、存分に外遊びをする時間を確保しています。他の幼稚園に誇れる広い園庭、楽しい遊具があります。学年を超えたたくさんの仲間もいます。そして、何よりも楽しく運動遊びを教えてくれる先生がいます。これからもサンマの減少に取り組み、活力ある子どもを育んでいきたいと思います。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせ

入園に関すること、園内見学などの
お問い合わせは、こちらまで。

お問い合わせ